医薬品個人輸入の関連法規

  安心できる個人輸入代行サイト
おすすめサイト関連法規価格比較コラム

医薬品の個人輸入は違法ではありません

個人使用のための輸入・・・ ◎
個人輸入の数量制限・・・・・あり
輸入医薬品の販売や譲渡・・・違法

※一般的な条件を想定しており、特別な条件がある場合など例外もあります。詳細は「薬機法(旧・薬事法)」にてご確認下さい。

個人輸入は容易ではない

自分用の医薬品輸入は通常であれば違法性がないとはいえ、いざ個人で輸入しようとすれば「言語、支払い、税関など」各種手続きを全て自分一人でクリアする必要があり、決してお気軽なショッピングではありません。

そこで、個人の輸入を代行してくれる専門業者のことを一般的に【個人輸入代行業者】と称して呼びます。
もちろん代行業者を利用すること、処方箋がないこと、日本では認可されていない医薬品を個人(代行)で輸入することに違法性はありませんので安心して利用できるシステムです。

※認可されていない医薬品の輸入は問題ありませんが、個人輸入を禁止されている医薬品を輸入することはできません。

クーリングオフできない

個人輸入代行はクーリングオフ(無条件での契約解除)の対象にはなりません。また、間違って注文した、余ったからといって、ネットオークション出品や転売・譲渡は違法になります。
購入前には十分に検討と確認のうえで個人輸入の代行を依頼しなければなりません。
代行業者によっては購入前の相談にも応じてくれますので、少しでも不安があれば購入前に相談しましょう。

最終判断は自己責任で

医薬品に限らずですが、輸入~購入の最終判断、使用は全て自己責任になります。
万が一医薬品が身体に合わない等の副作用が生じた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。その際に個人輸入した医薬品を服用した旨を伝えることに抵抗があるかもしれませんが、決っして違法行為ではありませんし、的確な診察のために必ず伝えましょう。

  安心できる個人輸入代行サイト
おすすめサイト関連法規価格比較コラム