個人輸入でもジェネリック(後発医薬品)が人気の理由

  安心できる個人輸入代行サイト
おすすめサイト関連法規価格比較コラム

ジェネリックとは?

先発医薬品(新薬)が開発され、独占特許期間(20年~25年)経過したのちに、同じ成分で製造した医薬品をジェネリック(後発医薬品)と呼びます。
ジェネリック薬は、新薬開発に必要な数百億円ともいわれる開発研究費を大幅に削減することが可能なので、価格を安くして販売することが可能になります。

先発医薬品と同じ有効成分を使って製造されていますが、製造に用いる医療用添加物の違いにより、色・形・大きさ・味が異なる場合がほとんどです。

もちろんジェネリック医薬品は、新薬と同じ成分で製造されており、新薬同様に国の認可がなければ製造も販売もできず、安全性と有効性が確認された安いお薬品として メリットしかない医薬品 といえます。

個人輸入でもジェネリック(後発医薬品)が人気

一番の理由は圧倒的な価格差によるものであることは疑いようがありません。
※下表は【個人輸入代行ケンコープラス】で1箱購入時の1錠あたりの価格

先発薬/ジェネリック 先発医薬品 ジェネリック
レビトラ/バリフ 1,550円 178円
シアリス/タダシップ 1,495円 320円
バイアグラ/カマグラゴールド 1,370円 245円
プロペシア/フィナステリド 177円 88円
ゼニカル/オルリガル 120円 59円

先発医薬品(新薬)の価格が高額であるほどにジェネリック薬との価格差は大きくなり、薬によっては
10倍近い差 も生じてきます。
この価格差がジェネリック医薬品の最大の魅力であることは間違いありませんね。

  安心できる個人輸入代行サイト
おすすめサイト関連法規価格比較コラム